悩み

妊娠中~産後、言われて嫌だったこと

 

妊娠中から産後、女性ホルモンが大きく変化します。その影響で、普段より心が敏感になったりします。肉体的にも負担が大きいものです。

 

妊娠・出産を経験した女性は、言われて嫌な思いをした言葉があるのではないでしょうか?

 

そこで、妊娠中~産後にかけて「言われて嫌だったこと」の実体験を調査してまとめてみました。

 

奥さんが妊娠中の旦那さんや、親戚・友人の方たちも是非参考にしてみてください。

妊娠中~産後の恨みは、一生忘れないそうです。

思いやりの心を持ちましょう☺

 

妊娠報告時、夫に言われて嫌だったこと

 

「子ども欲しがってたもんね。良かったね」

まるで他人事?と思うような反応。実感がわかないのかもしれないですが、もっと一緒に喜んで欲しいものです。

 

「本当に俺の子?」

不貞を疑われていると感じる言葉です。たとえ冗談半分でも、夫婦に亀裂が生じるかもしれません。

 

すぐに周りに言いふらす

安定期に入ってから報告したい、と考える女性も多いです。勝手に周りに話さず、夫婦で話し合って決めたいですね。

 

妊娠中、言われて嫌だったこと

 

見た目の変化については言わないで

 

「お腹大きくなったね」

赤ちゃんの成長は嬉しいですが、自分の体型が変化していくことに不安を感じている人も多いです。妊娠中じゃなくても、人の容姿に言及することは良くないですね。

 

「乳首黒いね」

赤ちゃんが母乳を吸うために必要な変化です。だからといって、わざわざ指摘されるのは嫌な気持ちになります。

 

体調の変化はどうにもならない

 

「寝てばっかりだね」

妊娠中は、女性ホルモンの影響で眠くなることが多いです。眠い時は30分程度のお昼寝や、軽く体を動かすことが良いそうです。

 

「つわりは気持ちでどうにかなる」

気の持ちようでどうにかなるものではありません。何ヶ月も船酔い+二日酔い状態に耐えるしかないです。個人差もありますし、本人にしか分からない辛さです。

 

「妊娠は病気じゃない」

病気じゃないから、つわりや体調不良を軽視していいわけではありません。妊娠中に入院する人だっていますし、無理をすると早産や流産に繋がる場合があります。妊娠・出産は命がけです。

 

「○○さんは臨月まで普通に働いてたよ」

妊娠中の体調や、どれくらい動き回れるかは人それぞれです。誰かと比べられると傷つきますね。

夫に言われた場合は「前澤社長はもっと稼いでるよ」と返してみてください。

 

「赤ちゃんの分まで食べないと」

妊娠中に体重が増えすぎると、母子ともにリスクが上がるだけで良いことはありません。

一人分で十分です。つわりで食べられない時は無理せず、食べられる物だけ食べれば大丈夫です。

 

「まだ生まれないの?」

どんなに急かされても、いつ生まれてくるかは赤ちゃん次第です。気になりますが、報告を楽しみに待ちましょう。

 

妊娠中の迷信

 

「そのお腹の出方は女の子だね

「キツい顔つきになったから男の子だね

お腹の出方や顔つきで、お腹の子の性別は分かりません。

医学的な根拠も無いです。

 

産後、言われて嫌だったこと

 

「女の子で良かったね!」

「次は男の子生んでね」

性別に関わることを言われて、嫌な思いをした人はたくさんいるようです。

不用意に話題にすることは、避けた方が無難です。

 

「髪薄くなった?」

ホルモンの影響で、髪が抜けたりします。見た目の変化を指摘すると、相手を傷つけることもあります。

 

「寝てばっかりいると太るよ」

出産で受ける体のダメージは、交通事故で大けがをした状態と同じだそうです。産後の6~8週間は産褥期(さんじょくき)といい、出来るだけゆっくり体を休ませることが大切です。

 

「赤ちゃん可哀想に…」

靴下をはいてなくて可哀想、寒いのにお出かけして可哀想…と、可哀想と声をかけてくる人が何故かどこにでも出没します。深い意味は無いので、受け流して大丈夫です。

 

「布オムツだと、オムツ早く卒業できるよ!」

オムツが外れるタイミングは人それぞれです。布オムツの方が早く外れるという根拠は無いですし、紙オムツで全く問題ないです。

 

「母乳の方が大きく育つし、頭が良くなる」

粉ミルクでも赤ちゃんに必要な栄養素が十分取れるので、気にしなくてOKです。粉ミルクで育った親戚は、塾無しで国立大に行きました。

 

想像するだけでは難しい

 

悪気が無くても、思わぬ言葉で相手を傷つけていることがあります。

 

私も自分が妊娠を経験するまでは、妊婦さんはお腹が大きくなることに喜びを感じていると思い込んでいました。もちろん、嬉しいと感じている人もいると思います。

でも、「妊婦さんはお腹が大きくなるのが嬉しいはず」「妊婦さんならお腹が大きくなることを喜ばなければいけない」など、無意識的な思い込みを相手に押しつけないように、気をつけなければいけないなと思いました。

 

-悩み
-

© 2020 もりえま.ねっと Powered by AFFINGER5