ブログ

常時SSL化を設定する方法

常時SSL化を設定する方法

Webサイトにアクセスした際、SSL化していないサイトには「保護されていない通信」と表示されます。

SSL化とは、セキュリティーを強化し、ユーザーが安心して利用出来るように設定をすることです。
httphttpsにしていきましょう。

WordPressで、エックスサーバーを使用している方に向けて解説しています。

 

エックスサーバーのサーバーパネルの右上、ドメインのSSL設定をクリックします。

ドメインを選んで「選択する」

「独自SSL設定の追加」タブをクリックします。
「追加する」をクリックし、「SSL設定一覧」タブで設定できているか確認してください。

 

続いて、WordPressの管理画面の方を設定していきます。

「設定」の「一般設定」を開き、WordPressとサイトアドレスのhttpにsを付けて「変更を保存」を押します。

 

次に、旧URL(http)にアクセスした人を、新URL(https)に送る設定を行います。

Xサーバーパネルのホームページの「.htaccess編集」をクリックします。

ドメインを選択してください。

 

.htaccess編集タブを開き、先頭に

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://example.com/$1 [R=301,L]

を入力してください。example.comの部分に転送先ドメインを入れます。 

「確認画面へ進む」「実行する」を押してください。

 

続いて、WordPress内のページや挿入した画像のURLも、全てhttpsに変える必要があります。しかし、1つ1つ変更するのはとても大変です。
そこでBetter Search Replaceというプラグインを使います。

 

※内部リンクの修正をする際はバックアップを取っておきましょう

 

WordPress管理画面の「プラグイン」→「新規追加」→右上の検索窓でBetter Search Replaceをインストールして、「有効化」を押してください。

 

「ツール」のBetter Search Replace画面を開き、「検索」にhttp://「次と置換」にhttps://を入力します。

 

「テーブルを選択」では全部選択してください。

dry runにチェックを入れたまま「検索/置換の実行」をクリックすると置換せずに結果を見られます。

実行する場合はdry runのチェックを外して「検索/置換の実行」をしてください。

終わったら、このプラグインは削除して大丈夫です。

 

自分のWebサイトにアクセスしてみて、URLの前に鍵マークがついていたら、無事にSSL化されました。

 

 

-ブログ
-,

© 2020 もりえま.ねっと Powered by AFFINGER5